毛髪の悩みを解消する植毛クリニックのランキングを発表!

手術までの流れを知ろう

頭部の手術ということで、植毛を検討されている方には多少不安があると思います。ここでは、その不安を少しでも和らげるためにも、その流れをご紹介していきたいと思います。
また、その流れの中で、注意すべき点も織り交ぜていきますので、是非参考にして下さい。

手術までの手順

1)問い合わせ
気になったクリニックへ、問い合わせをします。質問に対して、病院の方が親切に説明してくれると思いまので、気がかりなことを相談するようにしましょう。
また、同時にカウンセリングの予約もできます。こちらは、無料で設けているところもありますので、是非診てもらいましょう。

※無料カウンセリングをしてくれる病院を利用して、それらを比較するのも良いかもしれませんね。

2)カウンセリング
頭髪・頭皮の状態を確認し、今後治療する場合にどのようなヘアースタイルにするか、本数は何本くらい必要なのか、術式などの計画や、分からないことなどを相談をします。
また、ここでは治療費なども考えなければなりません。人によって、頭髪の状態は違いますから、必要な植毛本数によって値段が変わってきますし、植毛の毛の材質が人工毛、自毛、カツラなどでも値段が違ってきます。

カツラや人工毛は、一回の施術が自毛植毛と比較し、低コストであるということが挙げられますが、長期的に見た場合、定期的なコストも計算しなければいけません。
人工毛では、ある一定の期間が経つと、毛が抜け落ちたり、人によっては拒絶反応から、頭皮に炎症を起こしてしまったりなどのデメリットもありますので、維持コストといった面からも検討が必要になります。
しかし、自毛の場合ですと自分の毛髪を使用しますので、拒絶反応などは無いそうです。自分も毛髪を使うわけですから、定着してしまえば安心です。

3)メディカルチェック
植毛は医療行為ですので、安全に行うためにも、体質や体調などの検査や現在病気にかかっているかなどの問診、血液検査などのチェックをきちんと行いましょう。

4)手術前日
担当医からも指導があると思いますが、手術前の1週間からは、アスピリンやビタミンEの摂取は控えましょう。
そして手術前日には、なるべく水分を取り、必ずシャンプーをして清潔にして下さい。また、アルコール類は翌日まで残らない程度に抑えましょう。

5)手術当日
事前にカウンセリングした事項、デザインや、メディカルチェックの結果などを確認します。その後、手術では、ドナー採取し、ドナーの株分け、植毛手術といった流れで行われます。

6)手術後日
傷口を保護するため、24時間だけ包帯で圧迫保護をし、包帯を外した後は縫合部分に軟膏を塗ります。(数日間)
洗髪については、髪をぬらす程度ならば翌日から可能で、シャンプーも2日目以降ならば可能です。しかし、植毛後の2~3日は、毛根が定着する時期なので、子供用シャンプーやスポンジで洗うなど、頭皮への刺激を極力なくす事が大切です。
そして2週間後くらい経って毛根が定着したら、通常のシャンプーが可能になります。
また、スポーツや、肉体労働などの激しい運動は術後5日目以降が目安ですが、抜糸するまでは程ほどが良いようです。抜糸が終えれば、基本的にはどんなスポーツでも可能です。

 
ページの先頭へ