毛髪の悩みを解消する植毛クリニックのランキングを発表!

皮膚科学会による発表

ここでは、皮膚科学会による薄毛治療の評価について簡単にまとめました。内訳は、合計で10人の皮膚・毛髪の専門医が、育毛剤や植毛について、それぞれ「強く勧められる=A」、「勧められる=B」、「考慮しても良いが、十分な根拠がない=C1」、「根拠がないので勧められない=C2」、「行わないよう勧められる=D」の5段階で評価をしています。
専門性、信頼性がかなり高いものですから、参考にする価値はあると思います。

各薬の評価はどのようなもの?

上記の基準で飲み薬、塗り薬を評価した場合、最も良い成績のA評価だったのが、飲み薬のプロペシア(成分フィナステリド)、塗り薬のリアップ(成分ミノキシジル)、しかし女性の場合、プロペシアは最低評価のDでした。
どうやら薄毛の原因は、男性と女性では違うらしく、その対処方法も違うようです。

また、B評価のものはなく、C1評価では、アデノシン、ケトコナゾールなどで、そのほかに血行促進効果のあるセファラチンはC2と言う評価でした。

植毛への評価判定の結果について

植毛の場合は、自毛を使用するか、人工毛を使用するかを選択できます。自毛は、自分の毛組織を脱毛部に移植するもので、人工毛は化学繊維で作られた毛を移植するというもの。
結果は、自毛ではB評価、人工毛では、感染症や拒絶反応などが報告されていて問題がある事から、D評価と下されました。

また、上記評価に即した治療方針も薄毛の程度から、それが軽症であればC1 の育毛剤の使用や、リアップなどのA評価の育毛剤を1年間使うこと。
もし、効能が現れない場合は、自毛植毛をする。中程度ならば、A評価の育毛剤を1年間使用し、効能がなければ、自毛移植へ。ということが紹介されました。

 
ページの先頭へ